WEB予約はこちら
痩せホルモン知っていますか?

CATEGORY

2023.01.25 mino

痩せホルモン知っていますか?

みなさん、ダイエットを始めるとき、どのような方法で痩せよう!と思いますか?

「とりあえず食事制限」

「生活習慣改善」

「ジムや運動を始める」

「ヨガに通う」

「エステに行く」

もちろんどれも正しいです。

現状から変わりたいのであれば、痩せるために何かしら行動することはとても大事なことですね。

いま挙げたこと以外に何か思いつくことはありますか?

わたしたちのカラダのしくみを知って、効率よく痩せましょう!

ご自身の体質や、消費のスピード、摂取と消費のバランスを照らし合わせながら、ダイエットすることも、もちろん効率のいいダイエット方法のひとつです。

(体質に合った栄養素の取り方→https://mino-sd.com/1749.html

今やいろんなダイエット方法があり、たくさんの情報が溢れている時代のなかで、みなさんホルモンについて考えたことはありますか?

あ、焼肉のホルモンではないですよ(笑)

女性ホルモンとか、男性ホルモン、成長ホルモンとか。

なんとなく聞いたことありますよね。

女性であれば左右されやすいものですね。

でもホルモンってダイエットに関係しているの?

ホルモンバランスが整うとダイエットにおいて何がいいの?と思いますよね。

ホルモンバランスの乱れによって起こる現象として、、

女性の場合は、生理前になると食欲が増して暴飲暴食してしまったり、過剰に甘いものを欲したり・・・。

また生理中はむくみやすかったり、腸内環境に影響が出たりなど。

さらに更年期に差し掛かってくると、代謝が落ちたなぁとか。

歳だから痩せにくいのかなとか。

当てはまる人のほうが多いのではないかと思います。

こう考えてみると、なんとなくダイエットとホルモンは関係しているかも?と思いませんか。

またこれはダイエットだけではなく、健康的になりたい人、ホルモンバランスとうまく付き合っていきたい人にも当てはまることだと思います。

実はこのホルモンこそ、カラダのなかのさまざまな働きを調節する化学物質であり、わたしたちが生きていくために欠かせないものです。

私たちのカラダには100種類以上のホルモンがあるといわれています。

ホルモンには、それぞれが異なる働きを持っていますが、中には内臓脂肪を減らすホルモンや、食欲を抑えてくれるホルモンも存在します。

また、ホルモンはごく少量でも大きな効果があります。

25Mプールに対して、スプーン一杯分のホルモンの量でも効果があるといわれています。

今日のコラムでは、ダイエットするなら知っておきたい、“痩せホルモン”についてお話していこうと思います。

痩せホルモンとは

ダイエットに関わるホルモンはいくつか存在し、

そのなかでも代表的な痩せホルモンといわれているのは「アディポネクチン」というホルモンです。

(痩せるダイエット科学画像引用)

これは脂肪細胞から分泌されています。

ホルモンというと、内臓などから分泌されるものと考える人が多いと思いますが、実は脂肪細胞からも分泌されます。

脂肪細胞からはホルモンだけでなく、多くの生理活性物質が分泌されていますが、そのなかで善玉物質として有名なのがアディポネクチンです。

なぜ、このアディポネクチンが痩せホルモンとして知られているのかというと、脂肪分解酵素を活性化させる。つまり、脂肪を燃焼させる働きを持っているからです。

痩せるために、運動を始める方は多いと思います。

脂肪を燃焼させるには、もちろん運動が必須ですよね。

でも運動をして、どのような仕組みで脂肪が燃焼されるの?と疑問に思いませんか?

まずは運動することで、脂肪が燃焼されるメカニズムについてお話していきます。

脂肪が燃焼されるメカニズム

わたしたちのカラダは糖や脂肪をエネルギーとして使っています。

運動をして、エネルギーが必要になってくると、カラダにある糖や脂肪をエネルギーに変えてカラダを動かそうとします。

このとき、糖や脂肪をエネルギーとして使うためには、これらをまず分解する必要があります。

そしてこの分解の過程に必要不可欠なものが、わたしたちのカラダにある、「リパーゼ」「AMPキナーゼ」という、脂肪分解酵素です。

(画像引用)

リパーゼやAMPキナーゼといった脂肪分解酵素を活性化させることで、糖や脂肪の分解を促し、エネルギーとして使うことができます。

つまり、運動する

エネルギーが必要になる

糖や脂肪をエネルギー源にしたい

エネルギーとして使うには分解する必要がある

脂肪分解酵素(リパーゼやAMPキナーゼ)が活性化される

糖や脂肪をエネルギ―源として使うことができる

よって体内に蓄積されている糖や脂肪が優先的に燃焼される

結果、運動することで脂肪が燃焼され、痩せやすくなる
という仕組みです

また糖や脂肪がエネルギーとして使われ続けることで、脂肪が蓄積されるのを防いでくれる働きもあります。

しかし、アディポネクチンには、この痩せるメカニズムがもともと備わっているすごいホルモンです。

つまり、運動をしなくても“脂肪分解酵素を活性化させる働き”を持っているということです。

まさに痩せホルモン!!

そのため、アディポネクチンが分泌されていれば、運動したときと同じような効果があり、痩せスピードもアップします。

またこのアディポネクチンは、実は「インスリンを介さない細胞内への糖の取り込み」を促す作用や、「細胞側のインスリン感受性を高める」作用、あるいは「脂肪酸のエネルギー化を補助する作用」などがあると言われています。

脂肪細胞から分泌されているホルモンですが、血糖値スパイクとの関係や、“インスリンの感受性”=“インスリンの作用の強さ”とも関わりをもっています。

私たちが口から糖を摂取したり、食事をしたりすると血糖値が上がります。

このとき膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値が上がりすぎないようにしてくれる役割があります。

毎日たくさんの糖質を摂取したり、内臓脂肪が増えたりすると、インスリン感受性の低下が起こってしまいます。

つまりインスリンの感受性が低下する=インスリンの作用が弱まるということです。

そうなってしまうと、筋肉へ効率良く糖を供給する事ができなくなってしまいます。

例えば、筋肉の収縮が上手くできなくなったり(痙攣したり)、体を少し動かすだけで疲れてしまうようになってしまったり。。。

更に糖が細胞内へスムーズに取り込まれなくなるので、糖が血液中を漂いやすくなり、血糖値が高い状態が長時間続きます。

そうして血糖値が高くなると、血管内を流れる血液がドロドロの状態になり、流れづらくなります。

これらを防ぐためには、インスリン感受性を上げる(高める)事、あるいは下がらないようにすることが重要になります。

インスリンには血糖値をコントロールするうえでなくてはならないものですが、少なくても多くてもよくないのです。

血糖値スパイクをコントロールするには→https://mino-sd.com/1749.html

アディポネクチンすごい!

脂肪燃焼を促すだけではなく、血糖値にも関与し、このホルモンがあればダイエットの強い味方ですね。

そんなすごい働きをしてくれるホルモンがあるの?

たくさん欲しい!効率よく痩せたい!とおもいますよね。

そもそもアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されているため、脂肪が多く太っている人のほうがたくさん分泌されるのでは?と考えるかもしれませんが、事実はその逆です。

(画像引用)

脂肪のなかでも内臓脂肪が多くなればなるほど、アディポネクチンの分泌量が減ってしまうことがわかっています。

そのメカニズムに関しては、すべてが明らかになっているわけではありません。

しかし、その理由のひとつとして考えられているのは悪玉物質との関連です。

脂肪が多く太っている状態は、例えるなら狭い密室に脂肪細胞が詰め込まれている状態です。

(岡部クリニック画像引用)

詰め込まれた脂肪細胞は狭い密室にいることで炎症を起こし、炎症細胞であるマクロファージがそこに近づいてきます。

すると悪玉物質が分泌されてしまい、代わりに善玉物質であるアディポネクチンの分泌は減ってしまうそうなのです。

じゃあ、どういう人ならアディポネクチンは分泌されやすいの?となりますよね。

アディポネクチンを分泌させるには??

例えば、糖質を減らし、脂肪が優先的にエネルギーとして使われる状態(脂肪が燃焼されやすくなっている場合)、いわいるケトン体になっていれば、アディポネクチンが分泌されやすいといわれています。

アディポネクチンが分泌されるためには、体内に脂肪をため込まないようにすることが重要です。

ただ体にある脂肪を減らそうとして、運動も何もせずに、アディポネクチンだけを分泌させようとしても、その作用は上手く活かされません。

なぜなら、運動をしていない状態の場合、そもそもエネルギーを欲している状態の細胞が少ないからです。

運動してエネルギーを必要としているときに活性化されるホルモンだということをきちんと理解しておきましょう。

ほかにも元々の体脂肪率が低い人や、筋肉量が多い人、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回っている場合に、脂肪細胞からアディポネクチンの分泌が促進されるといわれています。

mino式ダイエットではまず食事の改善から行います。

摂取する糖質を下げていき、体内にある脂肪が優先的に燃焼されやすい状態“ケトン体”になるように指導していきます。

ということは痩せスピードがアップするというわけです。

もちろん、運動も取り入れてもらいますが、痩せホルモンがたくさん分泌されている体質のほうが、効率よくダイエットできますよね。

世の中にはいろんなダイエット方法があります。もちろんどんな方法で痩せても間違いはありません。

わたしたちが提供しているプログラムは、今だけ、この期間だけの改善方法ではなく、これからの人生において、カラダのことや栄養素、一生痩せ体質を手に入れるための方法など、いろんなことをお伝えしております。

ここまで痩せて、この体重からなかなか落ちない!

本気で痩せたい!と思っている方!

エステサロンminoでお待ちしております。


«

© esthetic salon mino. All Rights Reserved.