年齢と共にダイエットの仕方を考える

CATEGORY

2022.06.23 mino

年齢と共にダイエットの仕方を考える


私たちは、食べ物から栄養を補給し、エネルギーに変えて動くことができる。また、細胞を作る・死滅させ、回収することをおこなっています。それを代謝といいますが、「年齢で代謝が落ちた!」とか。「疲れがとれない!」とか。「集中力が落ちた!」等に凄く関与しているのが酵素。

人は瞬きをするだけで酵素を使っているのですが、20歳あたりから酵素が足りなくなり、40歳あたりから、急激に消化酵素や代謝酵素が減ってしまうことが原因です。

酵素の働き


体の中では、さまざまな化学反応が起こっています。
それぞれの反応を引き起こすために触媒として必須のタンパク質が酵素です。
人を含む生物が、摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したり、体の中で起こるほとんどの化学反応には、酵素がなくてはなりません。

生物が食べたものを消化したりエネルギーを生み出したりする時に酵素が生化学反応の仲立ちを行い、消化やエネルギーを生み出します。

植物の光合成には酵素の働きが欠かせません。葉が紅葉するのも酵素の働きによるものです。

消化酵素
(体内にある滞在酵素)
食べ物を消化して栄養を吸収しやすくする。

代謝酵素
(体内にある滞在酵素)
免疫力や治癒力の向上、解毒、排泄。
細胞の新陳代謝、脂肪燃焼等生命活動にかかわる。不足すると太りやすい体質になる。

食物酵素
(体外から取り入れられる酵素)
加工されていない生の食品や発酵食品に含まれる。食べ物を消化する働きがある。
1種類の酵素は1つの働きしかしません。目的の物質にだけ作用します。

デンプンに働きかけブドウ糖を作る 「アミラーゼ」

タンパク質に働きアミノ酸を作る 「プロテアーゼ」

脂肪に働き脂肪酸を作る 「リパーゼ」

食物細胞の細胞壁に働き食物組織を破壊する 「セルラーゼ」

それぞれの役割が決まっています。

30℃~40℃程度の温度が一番良く働きます。タンパク質であるため極度な温度、低温にさらされたり乾燥したり、強い酸や、アルカリにさらされると壊れて活動できなくなってしまいます。

食物酵素をたくさん摂って美しく健康的な毎日を!!


酵素の弱点


・熱にとても弱い!
 48℃以上で著しく低下70℃ぐらいでほぼ全滅してしまう。

現代の食生活では加熱処理が多いので非常に摂取しづらい。

貯金残高と同じ

酵素は体内で作ることができない!
生まれてから一定量しか持ち合わせていない!
40歳を過ぎると大幅に減少!

常に外部から摂取する必要がある
酵素不足=病気の原因

酵素がないとビタミン、ミネラルを摂取しても働かない!
色々なサプリメントを飲む前にまず最初にしっかり摂取したいのが酵素です!

血液との関係
ドロドロ血液を改善!
血液がサラサラ!
免疫力アップ!
傷ついた細胞を修復!

最近は酵素サプリでどの酵素がとれるとうたった製品がたくさん出ていますので、飲んでる!飲んでみた!という方も多いのではないでしょうか?

しかしそれは、「酵素」ではないかもしれません。 

よくみられる酵素ドリンクや酵素サプリには一般的に「食物発酵エキス」というものが入っています。
食物発酵エキスとは、たくさんの果物や野菜をぐつぐつ煮込んで栄養素を抽出し、それをさらに発酵して作るエキスのことです。

この成分は、発酵されているので「酵素」と呼んでいますが酵素は熱に弱く70℃ぐらいでほぼ全滅してしまいますので、ぐつぐつ煮込んでしまうと「酵素」ではなくなってしまうのです。

そうなんです。

実は「食物エキス」は酵素ではなく、アミノ酸などの栄養素がかなり豊富に含まれています。

でもそのアミノ酸を効率よく代謝してくれるのが「酵素」の役割ですので「酵素」を補いながら食物発酵エキスもとるとベストです!

エステサロンminoで販売している食物性の酵素ドリンク
fas-fasのこだわり


◎100%自然由来の無添加酵素
 (野菜、果実、海藻、穀物、野草、樹液)

◎食の陰陽バランス、原料は国産
 (玉葱、ニラ、ニンニクなどの陰の性質が強い食材は使用しない。)

◎入れる順番が大事
 (樽に入れる順番が変わると、味・効果に影響する。)

◎熟練の発酵技術
 (オリジナル曲 『神秘』を聞かせて発酵促進)


«

© esthetic salon mino. All Rights Reserved.